これであなたも達人に??注文住宅を建てる際に決めておくこと

これであなたも達人に??注文住宅を建てる際に決めておくこと


譲れないものを決めておく

注文住宅を建てる際に、もっとも重要になると言っても大げさではないのが間取りについてです。もちろん工務店や親戚などの意見を聞くのも大切ですが、後悔しないためにも自分たちの希望をしっかりと形にする必要があります。そこでまずは家族でこれだけは絶対に欲しいというものを話し合っておくと良いでしょう。例えば収納の数や、家族や近所に遠慮せず音楽が聴ける部屋が欲しいといった具合です。中でも家族で一番家ので過ごす時間が長い人の意見を重要視しておくと失敗が少ないです。洗濯してから干すまでをどうするかなどの、家事をする時の動線にこだわっておくとストレスが少なくなります。

他にもこだわっておきたいことがあります

間取りを決める際に忘れてはいけないのが、水回りに関してです。深く考えなかった、あるいは見た目だけを気にしてしまった結果、とても不便な家になってしまう可能性があります。寝室の横や上にトイレを置いてしまい、水が流れる音が気になって眠れないという失敗は珍しくありません。仮にトイレやバスルームを寝室や居間から遠ざけても、配管が近くあっては意味がありません。加えて配管を伸ばせばそれだけ費用がかかるので、その辺りのことも加味して配置しましょう。

それから窓の位置も大切で、これによって部屋が明るくなったり、耐震強度が上がったりします。中でも風通しを考えて窓の位置を決めるのが良いです。風が行き来することによってカビが生えるのを防げます。するとアレルギーが出にくいですし、結果的に家を長持ちさせることにつながります。

名古屋の注文住宅を買う場合、ハウスメーカーに相談したりしますが、まずは住宅展示場で色々な物件を見学して知識を養いましょう。

Back to Top