注文住宅の間取りを考えるならばぜひ知っておきたいこと

注文住宅の間取りを考えるならばぜひ知っておきたいこと


収納スペースをどうやって作るか

注文住宅を建築しても満足度が高い場合ならばよいですが、初めて注文住宅を建築するときには何らかの不満が出てくるものです。不満の一つが、収納にあります。ある程度大きな収納を作ったつもりなのに、実際にそこに住み始めると収納だけでは物が入りきらず部屋の外に置くことになってしまいます。そこで、これから注文住宅を設計するならば、可能なかぎり収納スペースを多めにしておく必要があるでしょう。

ただ、日本の住宅の欠点は部屋が狭いことです。いくら収納が重要といっても、収納ばかりにしてしまうと部屋自体が狭くなってしまいます。そこで、スペースを有効に使うために床下収納などを少し広めに設計するべきです。少なくとも、キッチンや洗面所の下に少し大きめの床下収納を作ることで十分な収納が実現します。また、昔の日本の住宅でもあったように、階段の下の部分に収納スペースを作りそこにものを入れておく方法があります。昔の人の知恵を借りて、階段のところにいくつか箪笥のようなものを作りそこに収納ができれば部屋のスペースを削らずに物をしまうことが可能です。

家族が納得できる間取りにする

注文住宅を建築するならば、そこに住むそれぞれの家族が全員納得できるような間取りを考える必要があります。例えば、主婦からすればキッチンのスペースを十分に取っておきたいところです。また、家事動線を重視することも大事になります。夫の立場からすると、趣味の部屋や書斎を確保することで満足感が高くなるでしょう。子供部屋に関しては、少しでも部屋を広くするためにロフトにしてみる方法もあります。おしゃれな部屋に早変わりし、ある程度年齢を重ねても使い続けることができます。

横浜に住みたいと思っても土地が高いのがネックですが、横浜の注文住宅なら狭い土地も有効活用して広々と暮らせます。

Back to Top