賃貸オフィスはどうやって使う? メリット・デメリットは?

賃貸オフィスはどうやって使う? メリット・デメリットは?


賃貸オフィスとはどうやって使う?

起業で初期費用を抑えたり、まだ業績が安定していない場合、いきなり自社オフィスを持つのは難しいですよね。オフィスは仕事をするだけの場所ではなく、オフィスの住所はその企業の規模を表すものでもあります。特に都心の一等地であれば取引先や顧客からの信頼度も高いですが、その分維持費もかかります。
賃貸オフィスを使うなら業績が安定するまで、もしくは期限を決めて利用するのが賢い使い方です。それほど長い期間でなければ、自社ビルよりもコストが抑えられるのでおすすめです。

賃貸オフィスのメリット・デメリット

賃貸オフィスを使うメリットは初期費用が抑えられるところと、オフィスの移転が簡単にできるところ、さらに無駄な人件費を抑えることができるところです。
通常オフィスを構えようとした場合、デスクやパソコン、電話など多くのものが必要となります。そうなると初期費用も当然高くなります。しかし賃貸オフィスの場合はこのような設備や備品は備え付けのことが多いです。使用料はかかりますが、一から揃えるよりもだいぶ費用は抑えることができます。そしてこれらは自社の備品ではないため、オフィスの移転時も持っていく必要がありません。極端に言えば身一つで移転することができるのがメリットと言えます。

さらに多くの賃貸オフィスでは受付に人が置かれているため、新たに人を雇う必要がないので人件費も抑えることができます。
しかしメリットだけではなくデメリットもあります。短期間であれば安く済みますが長期的に見ると自社ビルよりも費用がかかる場合があります。また、賃貸なのでビル所有者による制約や賃料値上げの交渉などの可能性があり注意が必要です。

ビジネス利用で、賃貸オフィス 中央区は人気があります。会社の所在地を中央区と記載できれば、信用も高まります。

Back to Top