どこに注意するべき?後悔しやすい注文住宅の間取りとは

どこに注意するべき?後悔しやすい注文住宅の間取りとは


収納スペースを見誤ってしまった

注文住宅を建築した後に気が付きやすいのが、収納スペースを見誤ってしまうミスです。どのくらいの収納スペースが必要かは意外とイメージしづらく、また引越し後に新たな物や家具が増えることもあるでしょう。収納スペースは十分な広さがないと、家に自由に物を置けなくなってしまいます。特に注文住宅のようにある程度自由度の高い住宅の場合、収納スペースなど普段生活しない空間は疎かにしがちです。和室やリビングなど、間取りの中でも広く確保したい空間はあるかもしれませんが、ぐっと堪えてどこかの空間を収納スペースに回すことが大切なのです。

コンセントが使いづらい

スマートフォンの充電、テレビの電源など、何かとコンセントは必要になります。多少不便な場所にあっても延長コードなどでカバーできますが、できるだけそうしたグッズを使わずに生活したい所でしょう。延長コードが散らばっていると何となく清潔感にかけた空間に見えてしまいますし、なおさらです。特に寝室に関しては、枕元以外にどこへコンセントを設けるか十分に考えておきましょう。寝室にテレビなどを設置する場合、コンセントの位置が原因でテレビの位置が限定されてしまう可能性があります。

プライベートな空間が少ない

いくら家族でも、自分だけの空間は確保したいところです。また、空間を広く見せるためにオープンなスペースを確保したい方もいるでしょう。しかし、それが原因でプライバシーが損なわれてしまう可能性があるのです。例えば、玄関を開けて物がゴチャゴチャしているリビングが丸見えになっているのは嫌でしょう。

足立区の注文住宅が注目されるのは、都心エリアからのアクセスも良く、利便性が高いことに起因しています。鉄道やバスなどの公共交通機関の充実ぶりにも定評があります。

Back to Top