店舗のデザインはどのようなものがよいのか

店舗のデザインはどのようなものがよいのか


お客さんが入りやすいようにする

店舗デザインを考えるならば、いろいろとそこに含めたいものもあるかもしれません。ですが、お客さんの視点を忘れてしまうといざ店を開業してもなかなかお客さんが定着してくれない可能性が出てきます。そこで、まずお客さんが入りやすいように工夫しなければならないでしょう。お客さんが入りやすいお店とは、入り口が閉鎖的でないところです。もちろん隠れ家的なお店ならば閉鎖的でもよいですがそのような方向性ではないならば明るく入りやすいようにしておきましょう。お店の種類によっても異なりますが、外からお店の中が見えると安心することができます。それに加えて、可能なかぎり看板なども分かりやすいようにしておく必要があるでしょう。

圧迫感のないように工夫する

小さなお店の場合には、お店の面積が限られてしまいますので、そこにたくさんのものを置くと圧迫感が出てきてしまいます。これは小さなお店の欠点になりますが、お客さんが入った時に圧迫感がないように感じるためには目線の高さを意識することが大事になります。自分の背丈よりも高いところに商品などが置かれていると圧迫感を感じてしまうものです。そこで、商品を置く場合でも人間の背丈よりも低い位置に置くようにして上の部分を開放的にしておくだけで随分と圧迫感を感じずに済みます。また、色合いなども重要になります。白系の色を多く使うことにより、広く感じる効果があります。逆に、濃い色などは狭く感じさせてしまう可能性がありますので、ホワイトやアイボリーなどを中心に壁紙を考える必要があります。

店舗デザインとは、多数の客が来場することを目的として考える、店の運営目的にあった内装デザインのことです。

Back to Top